俺は常々車両で通勤していますが、車両には必ず先決机があります。これはもう当たり前の結果、殊に意識していませんでしたが、先決机はない方がいいという意見があることを知り、些か考えさせられました。
しばしば先決机だけが空いていている全景を目にします。残業で疲れているときに先決机しか空いていないと、さすが座るのに躊躇してしまう。若い人は座ると白い目で見られそうで、敬遠してしまうし、老人販売されたくないと思う年配者は座ろうとしないでしょうから、普通まるで生きることがないという状態です。
おや、それならとにかく先決机はない方がいいかも知れないとも思います。先決机は、譲り合うことを強制するようなムードさえしてきます。
先決机などなくても、自然に他人の気持ちになって譲り合えるというのが理想的なのでしょう。他人に親切にしたいと思っている人類は本当にいますので、そんな自身にとって先決机は逆に邪魔なものになってしまうかも知れません。担保のある借金は整理できませんがやる価値があります